“揚屋酒”の読み方と例文
読み方割合
あげやざけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
珠運が一身二一添作の五も六もなく出立が徳と極るであろうが、人情の秤目ては、魂の分銅次第、三五が十八にもなりて揚屋酒一猪口弗箱より重く、色には目なし無二無三
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)