“提点”の読み方と例文
読み方割合
ていてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに呆れているどころか、後の始末やら物議こそまた一とめだった。番僧たちは、監寺提点などを先に立てて、智真長老の座下へ迫った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ところへ、騒ぎを聞きつけて、監寺提点蔵主浴主などの役僧などから、工事場の諸職まで、まっ黒になって様子を見にきた。たちまち門の番僧らと一つになって
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すると監寺、書記、首座提点らの役僧も一せいに口を揃えてった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)