“掻昏”の読み方と例文
読み方割合
かきく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮はに人無しと思へば、限知られぬ涙に掻昏れて、熱海の浜に打俯したりし悲歎の足らざるをここにがんとすなるべし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
身をはして彼は涙に掻昏れたり。母は居久らぬまでに惑へるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)