“掻回”の読み方と例文
読み方割合
かきまわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手桶に五六ぱい流しといて、の水を引きながら湯かき棒で掻回そうとした時です。棒の先にぬらりと黒い物がんできた。と、それに続いて、大きな白い影がゆらりと動いた。
浴槽 (新字新仮名) / 大坪砂男(著)