“掴挿”の読み方と例文
読み方割合
つかみざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
坐舗の一隅を顧みると古びた机が一脚え付けてあッて、筆、ペン、楊枝などを掴挿しにした筆立一個に、歯磨と肩をべた赤間が一面載せてある。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)