“推止”の読み方と例文
読み方割合
おしとゞ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
召捕べき手筈と見えたりと聞て四人は色を失ひ各々顏を見合てば今宵の内に皆々自殺なさんと云ば伊賀亮推止め未だ驚くには及ばず明日こそは器量人の越前を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)