“接續”の読み方と例文
新字:接続
読み方割合
せつぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これを熟視されると、兩對岸接觸してゐた模樣想像せられるであらうが、さう接續してゐたとへてのみ説明られる地理學上事項が、其中まれてゐるのである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)