“掛目”の読み方と例文
読み方割合
かけめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
島裏に行ってみると、国方で、藤九郎(阿呆鳥)といっている、掛目三貫匁もあるような大きな海鳥が、何百、何千となく岩磐の上に群居して騒がしく鳴きたてている。
藤九郎の島 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)