“掌脂”の読み方と例文
読み方割合
てあぶら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
掌脂を握って捕縄の飛ぶのを待っていたが、加山も波越も、人波の中にみ腰になったまま、いつまで経っても、侍の背後へ迫ってゆく様子が見えない。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)