“捕卒”の読み方と例文
読み方割合
ほそつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
府では韓大尹が李幕事の出訴を聞いて、銀を一見したところで、確に盗まれた銀錠であるから、時を移さず捕卒をやって許宣をえさし、それを庁前に引据えて詮議をした。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)