“挽込”の読み方と例文
読み方割合
ひきこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
車は病院所在地の横田の方から、この田畝を越して、城の裏通りを走ったが、かけ若竹座へは行くのでなく、やがて西草深へ挽込んで、楫棒は島山の門の、例の石橋の際に着く。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)