“挽詞”の読み方と例文
読み方割合
ばんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ビテ水雲シ/手ニ到ル凶函涙痕湿フ/蕙帳夜空シク謦欬ノ如ク/松堂月落チテ温存ヲ失フ/俊才多ク出ヅ高陽里/遺業久シク伝フ通徳門/天際少微今見エズ/誦スルニ招隠ヲテ招魂ニ当ツ〕『春濤詩鈔』にこの挽詞
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)