“振踠”の読み方と例文
読み方割合
ふりもが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿体ない、勿体ない、と振踠いてかない爺やを無理に肩に援けて、彼女は雪の石段をようやく上がって行った。
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)