“振栄”の読み方と例文
読み方割合
ふりばえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ト呼ばれて出て来た者を見れば例の日の丸の紋を染抜いた首の持主で、空嘯いた鼻のへ突出された汚穢物を受取り、振栄のあるおを振立てて却退る。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)