“振幅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
アンプリチュード66.7%
しんぷく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
テンポにもエキスプレションにも少なくも理論的には相当な振幅アンプリチュードはあった。
さらにまたその平均水準の上下に昇降する週期的変化の「振幅アンプリチュード」がやはり人によって色々の差があり、ある人は春秋の差がそれほど大きくないのに、ある人はそれが割合に大きいという風な変異ヴェリエーションがあるものとする。
五月の唯物観 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
その振幅しんぷくにうその意識はないのである。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)