“振別”の読み方と例文
読み方割合
ふりわけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事実、この一本槍は、米友が手練の杖槍よりもその穂先が深い——また、この負担は、米友の肩にかけた振別を押ッつけられたよりも、道庵にとっては重い。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
米友はまず振別の荷物を地上へ投げ出しました。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)