“指臂”の読み方と例文
読み方割合
しひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小僧行基及びその徒弟等、街衢にて妄りに罪禍を説き、朋党を構えて指臂焚剥せしめ、諸家を歴訪仮説して強いて余物を乞い、聖道を詐称し百姓を妖惑する。ために道俗擾乱し四民は業を棄てる。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)