“指画”の読み方と例文
読み方割合
しかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼が公文書の遒麗富贍にして、指画明晰なる、してその措置の尋常に非ざる、決してゆべからざるものありといえども、これを以て真個の経世家カブールの手腕に比すれば
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)