“指書”の読み方と例文
読み方割合
ししょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もしこの孫六のを手がけるまですすんだならば彼こそはその箱の中の指書を見て、ひいてはそれより、二刀の柄から水火秘文状を掘り出しても差支えのない人物であることを自証するものだ。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)