“指揮刀”の読み方と例文
読み方割合
しきたう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
指揮刀銀色かしてゐる小隊長大島少尉さへよろけながらいてゐるのが、五六えた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)