“指揮杖”の読み方と例文
読み方割合
バトン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も彼女自身は、自分に輪をかけた、デイスイリユウジヨンそれ自身のやうな豪傑だつたと見えて、舞台の上で指揮杖を振つてゐる山田耕作氏には目もくれず、に周囲ばかりを見廻してゐた。
あの頃の自分の事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)