“持事”の読み方と例文
読み方割合
もつこと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
拜し玉ふ時は此笏を持事の叶はぬ故御笏代りとて御裾の後に笏を持ち控居て餘所乍玉體を拜するを得者なり拙者先年多病にて勤仕なり難きゆゑ九條家を退身の北の御門へ奏聞
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)