“拾桜”の読み方と例文
読み方割合
ひろいざくら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
桜には上野の秋色桜平川天神鬱金、麻布笄町長谷寺右衛門桜、青山梅窓院拾桜、また今日はありやなしや知らねど名所絵にて名高き渋谷の金王桜柏木の右衛門桜