“拾手”の読み方と例文
読み方割合
ひろひて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不容貌な爲に拾手が無かつたのだとでも見るかと思つてるからなので、其麽女だから、何の室へ行つても、例の取て投げる樣な調子で、四邊構はず狎戲る、妙な姿態をする。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)