“拾取”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひろいと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拾取”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この一例を以てしても、俳諧と狂歌と浮世絵とは古来わが貴族趣味の芸術が全く閑却していた一方面を拾取ひろいとって、自由にこれを芸術化せしめただいなる功績をになうものである。
草の上に平打ひらうち銀簪ぎんかんざし一本落ちをり候は、申すまでもなくかの娘御の物なるべくと、何心なく拾取ひろいとり、そのまゝ一歩二歩、歩み出し候処、またもや落ちたるもの有之候ゆえ、これも取上げ候に革の財布にて
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)