“截片”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きれ66.7%
せっぺん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
痩せこけた頬にの血色もない、塵埃だらけの短い袷を著て、れた白足袋を穿いて、色褪せた花染メリンスの女帶を締めて、赤い木綿の截片を頸に捲いて……、俯向いて足の爪尖を瞠め乍ら
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
痩せこけた頬にの血色もない、塵埃だらけの短かい袷を着て、れた白足袋を穿いて、色褪せた花染メリンスの女帯を締めて、赤い木綿の截片を頸に捲いて、……俯向いて足の爪尖をめ乍ら
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
我邦では岡田博士に従って凍雨の名称の下に総括されているものの中にも種々の差別があって、その中には透明な小さい氷球や、ガラスの截片のような不規則な多角形をしたものや
凍雨と雨氷 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)