“我一人”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
われいちにん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“我一人”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
われにも我が判然とは分るまい、今のお勢の眼には宇宙はあざやいで見え、万物は美しく見え、人は皆我一人われいちにんを愛して我一人のために働いているように見えよう※し顔をしかめて溜息ためいきく者が有れば
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)