“愉快気”の読み方と例文
旧字:愉快氣
読み方(ふりがな)割合
ゆかいげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“愉快気”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
平癒なおりますとも、そうしてもう百ねんきまさあ。』と、郵便局長ゆうびんきょくちょう愉快気ゆかいげう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
女も手酌てじゃくで、きゅうとって、その後徳利を膳に置く。男は愉快気ゆかいげに重ねて、
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)