“御戯談”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごじょうだん33.3%
ごじようだん33.3%
ごぜうだん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御戯談”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 演劇1.6%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「そうですよ。どんなことでもさせていただいて私たちは結構なんですけれど、あの御戯談ごじょうだんに困るだけね」
源氏物語:22 玉鬘 (新字新仮名) / 紫式部(著)
御戯談ごじようだんでせう」——これを「さうお思ひになりますか」
舞台の言葉 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「先生、うか御戯談ごぜうだんおつしやらないで下さい。私は疝気せんきを病んでるんですから。」