“御会釈”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごえしゃく83.3%
ごゑしやく16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御会釈”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あいや、主人秀吉様を、越水おちみずにお待ち願ってあるので、御都合のみを伺って、すぐ引っ返したいのです。御会釈ごえしゃくは、略して欲しい」
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御会釈ごえしゃくでおそれ入る。さあ、どうぞお先へ」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
但しそのころも既に多少の文名ありしかば、十句中二三句づつ雑詠にるは虚子きよし先生の御会釈ごゑしやくならんと思ひ、少々尻こそばゆく感ぜしことを忘れず。
わが俳諧修業 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)