“弥陀堂”の読み方と例文
読み方割合
みだどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それよりは少し前に清水坂の下を松原のほうへ曲がって、弥陀堂の森からさらに野を横切ってくる二つの人影がある。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
遠江小笠郡大池村東光寺の薬師仏(『掛川志』)、駿河安倍郡豊田村曲金の軍陣坊社の神(『新風土記』)、または信濃筑摩郡射手の弥陀堂の木仏(『信濃奇勝録』)などこれなり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「東山の弥陀堂にいる孤雲という菰僧でございます」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)