“廿二”の読み方と例文
読み方割合
にじゅうに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今年廿二歳になって、たいへん大人びてきた喜助君の方でも、抱かれることには大いに賛成であろうと思われる。
仲々死なぬ彼奴 (新字新仮名) / 海野十三(著)
古びた手帳をると、明治廿二年の秋、私は東北の聯隊に軍曹をして奉職していたことがあった。丁度その年自分は教導団を卒業した、まだうら若い青年であった。
雪の透く袖 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
前年亜米利加に行た時には小さな船で海上三十七日もたと云うのが、今度のコロラドは四千の飛脚船、船中の一切万事、実に極楽世界で、廿二日目に桑港た。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)