“廖銘”の読み方と例文
読み方割合
りょうめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
廖鏞廖銘は孝孺の遺骸を拾いて聚宝門外の山上に葬りしが、二人も収められて戮せられ、同じ門人林嘉猷は、かつて燕王父子の間に反間のしたるもの、亦戮せられぬ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
より孝孺の才を知り、又道衍の言をく。ち孝孺をしてを用いんと欲し、待つに不死を以てす。孝孺屈せず。よって之を獄にぎ、孝孺の弟子廖鏞廖銘をして、利害を以て説かしむ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)