“庶流”の読み方と例文
読み方割合
しょりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
別所家も赤松一族の庶流であり、小寺家も赤松の流れである。血に於ては近いものを持っている。いわゆる赤松氏の族流は、中国だけでも三十六家の多数に及んでいる。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
藩祖教景公このかたここに五代、越前の名門庶流、あわせて三十七同族、世々恩顧のさむらいを養うことも何十万、それがいま、祖先の地を敵兵に蹂躪され、本城もちんとするのに
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また但馬伯耆播磨に散在している旧赤松一族の庶流を訪ね歩いて
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)