“庭苔”の読み方と例文
読み方割合
にわごけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かつて人の足に踏ませない苑内なので、ここの庭苔は実に眼醒めるばかり鮮やかであった。苔の香いというものを私はここで初めてせるほど知った。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鈴川主水はこの時初めて、庭苔の上へヘタヘタと坐り込んで、平次を拜むのです。
その声を、日吉は、頭のうえに聞いたまま、庭苔に、をつけて、縮まっていた。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)