“広徳寺”の読み方と例文
読み方割合
こうとくじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なるほど、まだ言わなかったのか。——外じゃない。広徳寺前の米屋、相模屋総兵衛が、昨夜人に殺されたんだとさ」
たとえ芸者でも其処が人情じゃアないか、今日は両人の人のお寺詣りをして遣ろうじゃアないか、広徳寺へ往って
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
秀吉の休んだ禅庵栖賢寺であったが、これと並んですこし先に広徳寺がある。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)