“布目”の読み方と例文
読み方割合
ぬのめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第二例にては此部に布目の痕を付けたり是等の遮光器は左右兩端に在る紐を以て頭にび付けられたるものの如し。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
張物も五百がを手にして指図し、布目まぬように陸に張らせた。「善く張ったは新しい反物を裁ったようでなくてはならない」とは、五百のであった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
幾本となくに組み合わされた、というよりも大磐石にヒビが入って、幾本にも亀裂したように集合して、その継ぎ目は、固い乾漆の間に、布目を敷いたように劃然としているのが
槍ヶ岳第三回登山 (新字新仮名) / 小島烏水(著)