“左馬允”の読み方と例文
読み方割合
さまのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
現に国香の子の常平太貞盛もまた都上りをして、何人の奏薦によつたか、微官ではあるが左馬允となつてゐたのである。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
などとらいわれていたところへ、やがて秀吉の答礼として、津田左馬允が来た折は、他の重臣に訪礼はなかったにかかわらず、ひとり石川数正の私邸だけには訪れて
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
西村左馬允、岡田大介、岡半七等、いずれも崛強の者共で、其戦に功が有ったのだったが、皆令を犯したを出されて浪人するのむを得ざるに至った。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)