“岩出山”の読み方と例文
読み方割合
いわでやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
深めの形で下に輪の台が附けてあります。これもこの辺だけに見る形であります。更に北に進みますと岩出山という町に達します。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
これとちょうど正反対の例は、陸前の岩出山の近く、うとう阪という阪の脇にありました。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
明治三十三年(1900)宮城県岩出山の中農の家に生まる。当時既にこの層の没落は、全農民階級中最も甚しく、私の家もまたその例にもれず只管に没落への途を急いでいたのであった。
簡略自伝 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)