“屋舗”の読み方と例文
読み方割合
やしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名は藩士の所得に関係なきがごとくなれどもそのは然らず。えば江戸汐留の藩邸を上屋舗え、広さ一万坪余、周囲およそ五百もあらん。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
溜池屋舗の下水落ちて愛宕より増上寺の裏門を流れてる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
溜池屋舗の下水落ちて愛宕より増上寺の裏門を流れてる。