“尼君”の読み方と例文
読み方割合
あまぎみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
親類には大きい尼寺の長老になっている尼君が大勢あって、それがこの活溌な美少年を、やたらに甘やかすのである。
女にてはカトリツク派の尼君三人の中の一人が居給ふを見しのみなどとも語られ
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
尼君まさざりせば
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)