“小鍬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こぐわ50.0%
コクハ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小鍬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
七兵衛は弁天様にちょっと御挨拶をしてから、その縁の下をのぞき込んで手を入れて探すと、蜘蛛くもの巣の中から引き出したのが、一挺の小鍬こぐわであります。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
つぎねふ山背女ヤマシロメの 小鍬コクハ持ちうちし大根オホネ
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)