“小夜鳴鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ナイチンゲール66.7%
さよなきどり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あだかもその明眸をさし覗くやうに、なだらかに弧を描き、小夜鳴鳥ナイチンゲールの唄声をもらすために造られたかとも思はれるその可憐な口許は
素晴らしい小夜鳴鳥ナイチンゲールの唄がはげしく、響き高く、相呼応してわきおこり、それが疲れと、ものうさに声をひそめるかと思ふと、螽蟖きりぎりすの翅を擦る音や
「お茶わかしさんがうたわないというなら、かってにさせたらいいでしょう、おもての鳥かごには、小夜鳴鳥さよなきどりがいて、よくうたいます。これといって教育はないでしょうが、今晩はいっさいそういうことは問わないことにしましょう。」