“さよなきどり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小夜啼鳥50.0%
小夜鳴鳥50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五ばんめの妖女は、小夜啼鳥さよなきどりのような、やさしい声でおうたいになりますように、といいました。
眠る森のお姫さま (新字新仮名) / シャルル・ペロー(著)
「お茶わかしさんがうたわないというなら、かってにさせたらいいでしょう、おもての鳥かごには、小夜鳴鳥さよなきどりがいて、よくうたいます。これといって教育はないでしょうが、今晩はいっさいそういうことは問わないことにしましょう。」