“小夜菊”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さよぎく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小夜菊”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「どうしたんだ、八五郎が間違ひでも起したといふのか、檜物町といふと、踊の小夜菊さよぎく師匠のところだらう」
「そんな野暮な化物えてものぢやありませんよ、親分も御存じでせう、檜物ひもの町の小夜菊さよぎく師匠」