“寂蓮”の読み方と例文
読み方割合
じゃくれん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一時俊成の養子であった有名な歌人寂蓮と顕昭とは、『六百番歌合』の批評会(衆議判の席)へ欠かさず出て争ったが
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
寂蓮急雨定頼卿の宇治の網代木、これ見る様体の歌也。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
定家の生れる前、俊成は弟俊海の子定長を養子していたが、定家が生れてから出家して寂蓮といった。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)