“実定”の読み方と例文
読み方割合
さねさだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大蔵卿泰経は、九条兼実や左大臣経宗や、内大臣実定などを説きまわった。後白河法皇のお心もそこに決しられてあるという。
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なごの海ののまよりながむれば入日を洗ふ沖つ白波 (実定
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
実定
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)