“前関白基房”の読み方と例文
読み方割合
さきのかんぱくもとふさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
入道殿と当時いわれた前関白基房当殿と呼ばれた近衛、それに太政大臣師長、左右大臣、内大臣実定、大納言忠親、中納言実宗などの外、参議、三位、四位も集る。
そこに泣き伏しているのは、彼の妻というのも、気の毒な——前関白基房のむすめであった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
多くの犠牲者を出し、四十余人もの人々が憂目を見た今回の事件も、発端はごく些細な出来事で、関白になった二位中将基通と、前関白基房の子師家の中納言争いが原因であった。