“嬌慢”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けうまん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“嬌慢”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
本所横網に住んでゐる女巾着切のお時、——一枚檜のやうな嬌慢けうまんのポーズと、恐しい早業とで名を取つた美女。
續いて、長崎屋の娘お喜多の浮氣心をそゝつて、圍ひの鍵を盜み出させようとしましたが、妹と觸れ込んだお京は、その實半之丞の女房と覺られて、嬌慢けうまんなお喜多の妬心としんあふ