“奉書紙”の読み方と例文
読み方割合
ほうしょがみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その奉書紙のような白い頬に三分の酔いを発しているのが、典型的な、やゝ固過ぎる面立ちに、云うに云われない婀娜っぽさを添えているのであるが、それにしても
米俵が十数も神前にまれて、奉納者の名を書いた奉書紙が下げてある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
安斉先生はそのとおり奉書紙に書いてみせた。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)